本文へ移動

耐震補強工事例

門田建設(株)の主な耐震補強工事の方法

①既存の壁を耐震壁に

補強する場所の壁を取り払い、柱引き抜け防止用の金物を取り付けます。壁の下地が出来たら耐震ボードを張ります。仕上げのクロスを張れば完成です。
 
 

②ウッドピタ(外部フレーム)

室内は触らずに外部にブレースを取り付ける工法です。柱、梁、土台に特殊なアンカーを取り付けることでブレース財と建物が一体となって地震荷重に抵抗し強力な耐震性能を発揮します。ブレースを取り付ける場所がない場合は窓につけるタイプもあります。開口部はそのままに使えます。
 
 

③耐震シェルター (レスキュールーム)

床下の基礎を鉄琴コンクリート構造に形成し、頑丈な土台作りをします。部屋の6面(床・壁・天井)を鉄骨で補強します。既存のはりと鉄骨を専用金物で接続、既存建物を強制出来ます。連棟住宅の部分補強に最適です。
 
 

④YKK耐震フレーム(外部フレーム)

木造戸建て住宅の1階の窓の外側に取り付け、窓を生かしながら耐震性能を向上できる補強フレームです。家の外部だけの工事で済みます。

⑤屋根の軽量化

耐震には屋根の軽量化が一番の方法です。土葺き瓦を瓦桟葺きに変更、軽量化します。
 
※門田建設(株)では耐震診断の結果、上記の補強方法を組み合わせ、お客様の予算並びにご要望をお聞きした上で最適な補強案をご提案します。                    

耐震改修工事の実績

耐震診断実績

 
 
 
   一般診断及び簡易耐震診断の数
年度 件数
平成20年 4
平成21年 5
平成22年 4
平成23年 5
平成24年 8
平成25年 11
平成26年 18
平成27年 20
平成28年 25
平成29年 30
 
 
 

耐震補強工事数

 
 
年度 工事数
平成21年度 5
平成22年度 2
平成23年度 5
平成24年度 8
平成25年度 5
平成26年度 9
平成27年度 13
平成28年度 14
平成29年度 8
 
※平成29年度は計上していない工事があります
 
門田建設株式会社 一級建築士事務所
〒666-0026
川西市南花屋敷3丁目16番13号
TEL.072-758-0780
FAX.072-755-9771
     0120-316-134
TOPへ戻る