本文へ移動

木造住宅耐震改修事例③

NO.3 総合評点  改修前 0.33 → 1.0 以上

レスキュールームを使った耐震補強工事

■ 建築年度 : 昭和49年
■ 改修年度 : 平成20年 
■ 構造/階層: 木造2階建
■ 延べ面積 : 93.59㎡
■ 改修費用 : 268万円(補助金90万円)
  自己負担金  178万円
■ 工事内容の概要
  耐震シェルター(レスキュールーム)
 
 
 
 
 
1階和室4畳半にレスキュールームを組み込み洋室に変更しました。押入れと床の間は収納たっぷりのクローゼットになりました。
 
耐震シェルター設置の場合は評点には関係なく補助金対象です。
 
 
 
 
評点とは
評点 判定
1.5以上 ◎倒壊しない
1.0以上~1.5未満
〇一応倒壊しない
0.7以上~1.0未満 △倒壊する可能性がある
0.7未満 ×倒壊する可能性が高い
 
①内装を撤去、基礎の鉄骨据付
②鉄骨組み立て
③横架材との接合
④内装完成
門田建設株式会社 一級建築士事務所
〒666-0026
川西市南花屋敷3丁目16番13号
TEL.072-758-0780
FAX.072-755-9771
     0120-316-134
TOPへ戻る