本文へ移動

省エネリフォーム

省エネリフォームとは

省エネリフォームとは室内の暑さや寒さの快適性向上、及び冷暖房や給湯等の設備機器での消費エネルギーを少なくすることを目的として実施するリフォームです。

省エネリフォームの流れ

省エネリフォームを始めるにあたって、建築士による住宅の診断を行います。診断においては住宅の平面図を現場で作成するとともに、外皮性能(屋根の種類・壁の組成・断熱材の有無・窓の大きさや素材)を調査します。

省エネ診断・工事の実施

現地調査の結果を基に室内環境・暖冷房負荷シミュレーションを実施し、最適な省エネリフォームプランを作成し、工事を行います。ひと部屋からでも工事が可能です。
基本的には国が定めた住宅性能表示制度における断熱等性能等級4を目標にします。

省エネリフォーム施工例①

内窓設置の設置

窓サッシの取替

省エネリフォーム施工例②

高性能断熱材の設置

床暖房の設置

省エネリフォーム施工例③

O邸 省エネリフォーム施工例

O邸ではキッチンの入れ替えと床の修繕に併せて省エネリフォームを行いました。
内容としては以下の項目を実施しました。
 
①天井・床・壁に高性能断熱材を設置
②内窓の設置
③床暖房の設置
④勝手口サッシの取替
 
この結果、温熱シミュレーションによって冬場の最も寒い時期において暖房をOFFにした後の室温の減少を2℃抑えることが出来ていることが確認できています。
詳しくは画像を参照してください。
 
門田建設株式会社 一級建築士事務所
〒666-0026
川西市南花屋敷3丁目16番13号
TEL.072-758-0780
FAX.072-755-9771
     0120-316-134
TOPへ戻る