本文へ移動

T様邸

間取り

施工前
施工後
築40年以上の木造住宅を改修しました。
間取りは大きくは変わっていませんが、既存1Fの廊下部分を無くすことでLDKを一体的に利用し、可動間仕切を引込戸を利用することで独立した部屋としても確保できるようにしました。

改修での長期優良住宅の認定を弊社にて初めて取得しました。
屋根の軽量化、制震ダンパー(FRダンパー)や耐力壁を設置するなど耐震等級2相当の耐震性能を実現し、窓サッシはハイブリッドサッシを採用し、高性能の断熱材を充填することで省エネ等級4を実現しました。

長期優良住宅化リフォーム促進事業を利用して補助金として200万円が交付されました。

外観

施工前
施工後
モルタル塗り外壁、土葺き和瓦の屋根だったものをサイディング張り(ニチハドライジョイント工法)、軽量瓦(ROOGA鉄平)にしました。サイディングの下地には構造用合板を使い耐力壁とし、通気工法をとっているため熱や湿気が溜まらない仕様となっています。

1FLDK

施工前
施工後
1Fの部分を間仕切っている壁を撤去し廊下と奥の和室をLDKに取り込んだことによって、LDKを広い空間として使用できるようになりました。引き込みの建具を使用することにより、奥の空間を独立したものとして使用することも可能です。電気給湯式の床暖房を設置しました。

キッチン

施工前
施工後
キッチンの向かって左手のデッドスペースとなる空間は収納と棚を設けることで使い勝手が良い空間としました。

2F洗面脱衣室

施工前
施工後
在来工法の浴室をUBにし洗面台も取り替えました。双方とも節湯水栓を採用しています。

完成写真

門田建設株式会社 一級建築士事務所
〒666-0026
川西市南花屋敷3丁目16番13号
TEL.072-758-0780
FAX.072-755-9771
     0120-316-134
TOPへ戻る