本文へ移動

築40年の日本家屋をスケルトンリフォーム

おじいさまから引き継いだ、築40年の日本家屋。土壁、土葺き和瓦のため、既存の状態では耐震性が低く夏は涼しいですが、冬はとても寒い住宅でした。

おじいさまが新築当初に力を入れた外観意匠を損なわず、安心で快適な空間にし、尚且つ現代の暮らしに合わせるというのが施主様からのご依頼且つ本案件の設計コンセプトです。

温熱環境を改善するための基本である断熱材の設置と窓のサッシ入替は内外部の壁を一度解体することが通常ですが、内外部の壁を解体してしまうと外観意匠を損なってしまうという問題点が挙げられました。

このページでは本格的な日本家屋のスケルトンリフォームの経過と共に外観意匠を損なわずに温熱環境の改善をするために採用した工法をご紹介します。

解体

梁材に非常に大きな丸太が使用されており、壁は主に土壁から作られています。
土塗り和瓦屋根や土壁を使用しているため建物が非常に重く、経年的な劣化で建物自体に歪みが生じている所で、床を水平に、壁を真っすぐにすることが非常に難工事です。

温熱環境の改善(サッシ交換・断熱材設置)

サッシ交換

外部の腰板は現在はなかなか手に入らない貴重な物であるため、本工事ではサッシは撤去せずに交換するカバー工法を採用しました。
田舎間の日本家屋は開口部が多く、なおかつ大きくとられているため、サッシは断熱性が高いLIXILサーモスⅡ-Hのアルゴンガス入りのLow-eガラスにし、開口部からの熱損失を極力減らせるようにしました。
サーモスⅡ-Hでは外部と室内で色を変えることができ、外部の風合いも乱さず、内部では現代的な雰囲気にすることも可能です。
外部のサッシを交換し、壁・天井下地に取り掛かっています。40年の年月が経っているため歪みも大きく平行直角に戻すのにひと苦労でした。

断熱材設置前

断熱材を設置する前です。外部に面している壁は土壁を残しています。

断熱材設置

内部の土壁を撤去するとサッシ工事と同じく、外部の腰板を痛めることになるため、土壁の上に50㎜のポリエチレン押出法ポリスチレンフォームを設置し、内部をふかす設計にしました。
(田舎間は基本寸法が大きいので、ふかしても現代主流の関東間より広い空間がとれます)
断熱材が80㎜のグラスウールと同等のカネライトフォームE-Ⅲを採用することで断熱性が高く、内壁をふかす幅を最小限にすることが可能になりました。
断熱材設置・壁下地が完了した後にフロア材を設置しているところです。土壁の上に50㎜の押出法ポリスチレンフォームを貼り、窓をハイブリッドサッシ+ガス入りのLow-eガラスにすることでUA値0.59、ηAC値1.8となり断熱等級6を実現しました。 

内装工事

完成

着工前と比較するとキッチン前の垂れ壁を撤去したことによって、開放感のある空間とすることが出来ました。
日本家屋ならではの外観はしっかりと残し、断熱性能をあげ現代の生活スタイルに合わせたリフォームを行うことができました。
門田建設株式会社 一級建築士事務所
〒666-0026
川西市南花屋敷3丁目16番13号
TEL.072-758-0780
FAX.072-755-9771
     0120-316-134
TOPへ戻る